2005年04月

2005年04月17日

ドレスデン国立美術館展

ザクセン選帝候国の歴代君主のコレクションの16世紀から19世紀のものを各分野からセレクdresden.jpgトした約200点が来日しています。

アルテ・マイスター絵画館、ノイエ・マスター絵画館、宝物館、陶磁器館、版画素描館、数学物理学サロン、武具収集室など12の各美術博物館からの珠玉の作品群で構成されている。

ドレスデンは本当にコレクションが充実してるので、楽しみにしていた展覧会でしたが、各部門、出品のひとつひとつが非常にすばらしい。

今回の一番の目玉のひとつのフェルメールの≪窓辺で手紙を読む若い女≫の他、
レンブラントの≪ガニュメデスの誘拐≫ ≪ラザロの復活≫などのエッチング三点
フリードリヒの≪月を眺める2人の男≫
ティツアーノの≪白いドレスの女性の肖像≫
デュラーの挿画。人体図、星図
カナレットのヴェネツィア風景油彩2枚とエッチング

敵国オスマン・トルコの武具の数々
ザクセン最盛期の君主、アウグスト強王の戴冠礼服やローズカット・ダイヤモンド装身具一式
中国白磁、伊万里、マイセンコレクションなど、見どころ満載の展覧会となっている。

尚、兵庫県立美術館は、今年10月末から『アムステルダム国立美術館』展を予定しているが、またフェルメールを一枚呼んでくれそうです。
≪恋文≫が来日するかも・・・・・

『ドレスデン国立美術館』展
2005年3月8日-5月22日 兵庫県立美術館
2005年6月28日-9月19日 国立西洋美術館

at 20:40コメント(0)トラックバック(0)展覧会 
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ