トルストイ家の箱舟

9.jpg『トルストイ家の箱舟』 ふみ子・デイヴィス 著

文豪トルストイは知っていてもトルストイがどんな亡くなり方をしたか知らない人は多いのではなかろうか。
斯くいう私もその一人で、トルストイの死に際に思いを馳せることもなかった。

トルストイは、1910年11月7日(10日説も)に亡くなっている。
トルストイは、ソフィア夫人との間に10人以上の子を生し、晩年も夫人を含む家族と暮らしていたが、1910年10月末の夜に家出した。
実妹のいる女子修道院を尋ねたのち、行き先も決まらないまま汽車に乗り、その車中で風邪をひいた。
肺炎になり、アスターポヴォという小さな駅舎で息を引き取る。
家出をして数日後のことだった。

著者のふみ子・デイヴィスさんは、現ロシア大学を卒業し、 、、、つづく

at 23:09コメント(0)トラックバック(0)書評 

コレラの時代の愛

at 22:52コメント(0)トラックバック(0)書評 
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ